贅沢
 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかなデザインです。 漆芸 贅沢 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかなデザインです。 漆芸
k4312 レディースM 赤 700FP ダウンジャケット - by , 2022-11-03
5/ 5stars
サイズを迷いました。普段はLサイズですが胸も大きく足も太いのでLLにしました。 黒色が売り切れだったので花柄ネイビーにしました。下はネイビーですが、上はネイビーと言うより黒色に花柄という感じの色でした。 取り外し可能な肩紐は取れやすそうでした。 デザインも色も含め私は気に入ってます!!
ア テストーニ バッグ② a.testoni ショルダーバッグ - by , 2023-01-07
5/ 5stars
サイズもよかったです ありがとうございます
PRADA プラダ バケットハット Mサイズ - by , 2022-10-20
5/ 5stars
種類が多く好みの水着を選ぶことができた。 モデルのサイズを参考に自分に合うサイズを買うことができた。素材もよくこのセットでこの値段は安いと思った。
patagonia パタゴニア ガールズダウン - by , 2023-01-05
5/ 5stars
対応も早く発送も早くありがとうございます。ただイエローの色合いが全然違いました… 写真ではくすんだ感じでしたが実際はもっと明るい黄色です…
けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな , けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな , けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな , けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな , けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな , 漆器界最強の『芯漆』, 創業大正2年 漆器・食器の林漆器店/大阪府大阪市/漆器・アンティーク

商品情報

カテゴリ エンタメ/ホビー
› 美術品/アンティーク
› 漆芸
サイズ なし
商品の状態 新品、未使用
配送料の負担 送料込
配送方法 かんたんラクマパック(日本郵便)
発送日の目安 支払い後、4~7日で発送
発送元の地域 東京都

けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな
けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな
けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな
けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな
けもなくと 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかな
漆器界最強の『芯漆』
創業大正2年 漆器・食器の林漆器店/大阪府大阪市/漆器・アンティーク

ellecy ドット×レース×フレアワンピース

試乗・解説

盛り上がりを見せている125ccスポーツに
またひとつ、強力モデルが新登場!
人気モデルCB125RがSOHC2バルブから、
DOHC4バルブエンジンに刷新されたのだ。
けれど、実はそれ以上にデカい変更があって……。
■試乗・文:中村浩史 ■撮影:依田 麗 ■協力:ホンダモーターサイクルジャパン訪問着 柳色 友禅染め 四季花文様 黄緑 正絹 裄67 ■ウエア協力:アライヘルメット美品!アールユー♡レースドレス、クシタニPINK HOUSE - ピンクハウス セットアップ ヴィンテージ




私のビッグバイクと「もう1台」史

 知ってくれている人もいるだろうけれど、実は私、ほんの1年前くらいまでCB125Rのオーナーでした( CB125R買いましたはコチラ→ ライブディオ【LiveDio⠀】ZX足周り ※説明文に詳細あり【送料無料⠀】 )。
レクサスLS600ハイブリット

 最初はやっぱりビッグスクーター。バイクに乗る「前」の儀式が何もいらない便利さが良かったなぁ。乗るウエアもクツも選ばなくていいし、荷物がある時はシート下にポン、暖機運転もなしにブーンッて走り出せる。
 次はオフ車に乗りました。250ccのオフロード車と100ccのモタードで、タイヤをオンロード向きなのに取り替えて、ひょいひょい小回りが利くのが良かったなぁ、と。
 そして次に出会ったのが125DUKEでした。ギア付き125ccなんて、小さくて便利なのはわかるけれど、それだったらスクーターの方がよくない? って思ってたんだけれど、まぁコレが面白い! そんなにガンガン飛ばさなければ(もともと公道じゃスピードなんか出しませんし・笑)、かちゃかちゃシフト操作しながら走るのが楽しいし、サーキットランもサイコーに楽しくて。当時はDUKEに限ったことだけれど、125ccなのに車体がしっかりしていたのも、楽しいバイクだ、って感じた要因なんだろうと思うんです。
 なんせDUKEは、倒立フォークに前後17インチ、ABS(は私の初期型にはついていなかったけど)、水冷DOHC4バルブエンジン、デジタルメーター! まさに新世代125スポーツ!
EM-101 エマーソン タイヤリフター 乗用車 RV車用 120kg
 

 
 そして、きっとDUKEに影響された(と私は思うんだけれど)2018年に発売されたCB125Rも、実に装備が充実した新世代125スポーツでした。エンジンの元気さはDUKEも同じ125ccなりだけれど、車体のしっかり感、基本設計がすごくよくできているな、って。
 それで、DUKEも6~7年乗って少しくたびれてきていたからイチもニもなくCB125Rを買ったのでした。
 そしてやっぱりCBも期待通りの新世代125スポーツ! DUKEを超えてたのは、最初からラジアルタイヤだったことと、125ccなのにまさかの4ピストンキャリパー、IMU付きABSまでが標準装備だったこと! DUKEより6~7年、基本設計が新しい分だけ、確実に進化していたのを実感しました。
 その後はモンキー125の方が気に入って買い替えちゃったんだけど、今でもあぁCB持ってたらよかったなぁ、って思いますから。でも125を2台持ってても……ねぇ。

 そして、ニューCB125R。パッと見では、フォークのアウターチューブとホイールカラーがゴールドになって高級感が増したな、って感じ。そういえばアンダーカウルがシルバーじゃないし、フロントフェンダーがボディ同色になってる! みなさん、アンダーカウルがシルバーでブラックホイールが旧型ですからね。
 それより大きな違いは、エンジンがSOHC2バルブからDOHC4バルブとなったこと。エンジンの変更で、最高出力は13ps/10000rpmから15ps/10000rpmに、最大トルクは1.0kg-m/8000rpmから1.2kg-m/8000rpmにアップ。数字の上ではひと回りパワーが上がってるけれど、まぁ125ccなんだもの、そう大きな違いはないだろう、って思っての試乗だったんです。
 

 
 エンジンをかける。そうすると、もうサウンドからして違う。音量は変わらず、少し太く低くなったようなサウンド。これ大げさでなく、オーナーならきっとわかる。
 走り出しも、まさにトルクがひとまわり太い。えぇぇ、こんなに変わるものなんだ! 通常、2バルブと4バルブのエンジンを比較すると、2バルブの方が低回転トルクが太くて燃費が良く、4バルブの方が高回転が伸びてパワーが出る、と。
【新品 純正部品】IAME X30 エキゾースト マフラー
 高回転高出力のために4バルブが採用されるのは、第一に吸気の流入抵抗を下げるため、吸入面積を広く取るのが目的なんだけれど、それだと低回転域で出力が落ち込み、アイドリング不良にもつながる、なんて言われていた時期もあった。これが低回転のドライバビリティには2バルブ、高回転のビッグパワーには4バルブがいい、と言われる理由だ。
 

 

贅沢 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかなデザインです。 漆芸

 つまりニューCB125Rはより高回転型になった、ということ。けれど、もちろんホンダの技術資料にある「4バルブエンジンの低回転域の出力落ち込みとアイドリング不良」という点についても、キャブレター時代ではなくインジェクション時代となった今では、燃料噴射で解決できているはず。つまり、4バルブの欠点はクリアされているということ。そんな新型、ファンタスティック!

 ニューCB125Rのエンジンは、発生回転は同じまま、馬力2PS&トルク0.2kg-mアップとは思えない力強さ。アイドリングすぐ上から発進→加速の回転域はトルクがひとノセされた感じで、そこから高回転につながっていって、7500rpmくらいからもうひと伸び! この回転域の力強さがハイライトでしょうね。
 旧2バルブモデルは、街中でよく使うような低回転域が使いやすくて、5000rpmくらいで力強くなって、そのままフラットトルクで高回転につながっていくフィーリングだったのが、低回転域からトルクが厚くなり、今までよりも高い回転域で伸びる、と。そういうエンジンになりました。
 実は従来モデルも、海外専売=逆輸入モデルとしてCB150Rが小数、日本にも入荷しているんだけれど、ニューCB125Rの高回転域は、その150ccに迫った印象。もちろん、この排気量の+25ccはかなり大きく、1000ccと1200ccくらいの違いがあるんだけれど、150ccの方がパワフルなまま、そこに迫った、と。だって150ccは国内正規発売されていないし、ファミリーバイク特約で任意保険も入れませんからね。
 高速道路には乗れないけれど、ミニコースでトライしてみると、トップ6速で50km/hは4000rpm、60km/hで5000rpm、ここまでが公道で出していいスピードで、70km/hは5800rpmくらい、最高速は約130km/hあたりです。実測で、旧2バルブモデルより15~20km/hアップしてますね。
 

 
 そして、エンジン変更と同じくらいお知らせしたいのがCB125Rの車体の充実度。倒立フォーク、鋼板プレススイングアーム、パイプフレームの基本構成は変更ないものの、フォークに新たにショーワ製のSFF-BP倒立フォークを採用。詳細は下のディテール写真に詳しいけれど、実はエンジンのDOHCよりも、このフォーク採用の方がビッグニュースなんじゃないか、と思うほど。
 SFF-BPフォークは、左右それぞれのフロントフォーク一本ずつに調整機構を持たせるもので、片方に減衰力機能、もう片方にスプリング機能を持たせるシステム。BPとはビッグピストンフォークのことで、SFFについては大きな違いは分からないまでも、BPについてはフロントがよく動くように、さらに減衰がしっかり効いているのがよくわかりました。
 これは、サーキットで減衰がどうのこうのというよりも、まず乗り心地が良くなってます。フワフワしてるけれど、ピシッと動く、的な動きで、フィーリングが上質になりました。
 

 
 エンジン、車体ともグレードアップしたニューCB125R。もちろん、細かい変更の積み重ねの改良で、旧2バルブが絶対的に劣っているわけじゃないけれど、新4バルブの方が絶対にオススメ。1980年代終わりからこれまで、数々の125ccスポーツに乗ってきたけれど、ニューCB125Rは最高の出来の125ccスポーツだと思う。
 これで、価格は旧型の税込み44万8200円から47万3000円。税抜き価格は43万円で、これは驚くなかれ、1989年(32年前)発売のイタリアホンダ生産のNSR125Fよりも安い!からね。旧2バルブモデルよりも2万5000円くらい高くなったけれど、その価値は絶対にある!と思います。
 やばい、またCB125R欲しくなってきちゃってます。
(試乗・文:中村浩史)
 

 

贅沢 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかなデザインです。 漆芸

ライダーの身長は178cm。写真の上でクリックすると両足着き時の状態が見られます。

 

先代から引き続き、おそらく125ccクラス初採用のはずの対向4ピストンキャリパーを採用。ローターはφ296mmのウェーブディスク、ホイールカラーがゴールドに変更された。
フォークも125ccクラス初採用のショーワ製SFF-BP倒立フォーク。SFFはセパレートファンクション、つまりフォーク1本ずつに「減衰力機構」と「スプリング機構」を別々に持たせたもの。BPはビッグピストンの意味で、ピストンサイズを大きくすることで応答性を上げたもの。NinjaZX-25Rにも使用されているが、通常は大排気量モデル採用を想定されていた。ホイールとともにフォークアウターチューブもゴールドとなった。

 

SOHC2バルブエンジンは、今回のモデルチェンジでDOHC4バルブへ。本文中にあるように、2バルブのメリット、4バルブのデメリットを超えたDOHC化で、エンジン始動時からサウンドも変わって、低回転から高回転まで全域でトルクアップ。ピークパワー発生回転数は変わらないが、DOHC化で高回転の伸びもシャープになった。

 

スイングアームは高張力鋼板プレス製。ロングアームレイアウトで動きがよく、運動性の高さに貢献している。ブレーキはφ220mmのウェーブディスクに片押し1ピストンキャリパーを採用。ABSは全車標準装備。キャリパーは前後ニッシン製だ。

 

車体デザインが似ているCB250Rはロングマフラー、125Rはショートマフラーを採用。マフラーエンドが耳に近いことで、先代よりも低くなったサウンドがよく耳に届く。
フレームから独立させたスイングアームピボットのおかげか、剛性の高すぎないしなやかな動きが実感できるリアサス。サスペンション本体は減衰力調整機構はなく、プリロードのみ。

 

前後別体のシートは、シート高815mmと、なんとCB250Rよりも高いが、シートのカドがえぐられていて足が降ろしやすく、足着きは悪くない。キーオープン式のタンデムシート下には小物入れスペースがある。ヘルメットホルダーはタンデムシート下のフックと内蔵のコードを使用。

 

燃料タンクは10L。カタログデータでは燃費はSOHC2バルブよりやや落ちて46.8km/Lと表記されているが、今回の試乗では実測52.5km/Lをマーク。タンク前方にバッテリーがある。
【9.5割溝!】175/65R14 スタッドレスタイヤ ブリヂストン VRX2

 

トップブリッジへのクランプ部が太く(Φ28.6mm)、両グリップ部に従って細く(Φ22.2mm)したバーハンドル。締結剛性はたかく、グリップ部がしなることも軽いハンドリングに役立っているという。
フルデジタル仕様のメーターパネルは左に燃料計、中央にスピード、右にギアポジションを表示。タコメーターはバーグラフ式で、ギアポジション左には上段にオド&ツイントリップ、ストップウォッチと、下段に平均&瞬間燃費、使用燃料量、平均速度を表示する。

 

これもCB1000R/650R/250Rと共通の「ネオスポーツカフェ」シリーズ一連のヘッドライトデザイン。薄型ヘッドライトボディをフォーク間に埋め込むようにレイアウト。昔の「F」のように、ライト下にダブルホーンを装備するだけでずいぶん印象は変わると思うのだけど。

 

 



| 『2021年 新型CB125Rの詳細解説』へ |


| ドライトロン 全種セット 全種類 デッキパーツ ノーパラ |


| FOXEY カシミヤ ニット |


| 骨董 根来 折敷 お盆 角盆 朱漆 懐石膳 民藝 民芸 江戸後期 |


| Hermes - エルメス エールライン MM レディース 【中古】 |





gumtree 様専用 ボルボ純正スタッドレスタイヤセット 17インチ

贅沢 昭和初期の金彩/本漆の輪島塗の漆器。とても豪華で華やかなデザインです。 漆芸

LEARNTRICKSEDUTECH.COM RSS